百見は、一聞にしかず

見てもわからない事は、とりあえず聞いてみよう。

CentOS7で日本語入力をする

CentOS7で日本語入力が出来ない事に不便はなかったので、まぁ後で設定すればいいかなという軽い気持ちでいましたが、今更ですがやっぱり日本語入力出来たほうが良いのではという気持ちが強くなってきましたので、設定することにしました。
それは、調べ物をするときに検索エンジンでキーワードを入力するときにローマ字でもある程度候補を出してもらえて、その候補が漢字やひらがなに変わって補完してくれる(?)のですが、自分の意図した候補が出てこなかったりしたからです。
一番は文章がすべてローマ字になってしまうことですね。英語は書けませんので。。。
となんやかんや書いてしまいましたが、早速設定を書いてみます。


現象は下のようにiBusの表示が出てきていないので、切り替えが出来ない事です。

f:id:lbblue:20170206235447p:plain


まずは、アプリケーション→システムツール→設定をクリックします。

f:id:lbblue:20170206235512p:plain


次に、地域と言語をクリックします。

f:id:lbblue:20170206235545p:plain
そして、入力ソースの+をクリックします。

f:id:lbblue:20170206235600p:plain一覧の中から日本語を選択し追加ボタンをクリックします。
さらに日本語(かな漢字)を選択します。

f:id:lbblue:20170206235625p:plain

 

すると入力ソースに日本語(かな漢字)が追加されます。

f:id:lbblue:20170206235639p:plain

そうしてiBusの表示が出てきて日本語入力切替が出来るようになります。

f:id:lbblue:20170206235654p:plain


※日本語入力の切り替えはwindowsキー+スペースキーですね。