百見は、一聞にしかず

見てもわからない事は、とりあえず聞いてみよう。

windows 2008 r2 評価版 ライセンス延長について【続】

f:id:lbblue:20170418180329p:plain

先日、VMWareから、あるテスト環境を起動したところ、デスクトップの背景が真っ黒になっていました。

あれ?背景変えたかな?という程度で最初は特に気にしていなかったのですが、一度気になると何かが引っかかる感じがして少し調べることにしました。

何気なくデスクトップを眺めていると、デスクトップ右下に「Windowsライセンスの有効期限が切れています」と表示されていました。

f:id:lbblue:20170418181002p:plain

ライセンスの有効期限が切れていると、一時間ごとに強制的にシャットダウンされたりしてしまうので直ぐに何とかしないとということで対応内容を記事にしたいと思います。

実は以前にも同じような記事を書いたのですが、今回はより詳しく書ければと思います。

 

 

有効期限の延長

コマンドプロンプトからの延長コマンドを実行します

  slmgr -rearm

 

f:id:lbblue:20170418181107p:plain

再度アクティベーションを実施

・システムのプロパティからアクティベーションを実施します

 ※スクリーンショットの赤い部分ですが、すでにアクティベーション済の状態です。

f:id:lbblue:20170418182145p:plain

 

 

確認

・デスクトップの右下の期間が変わっていることを確認します

・デスクトップの背景も元に戻っています

f:id:lbblue:20170418182523p:plain

 

※以前の記事はこちらより

www.lbblue.com

できるPRO Windows Server 2008 (できるPROシリーズ)

できるPRO Windows Server 2008 (できるPROシリーズ)